よくある質問

ホーム  »  よくある質問

よくある質問のコーナー

 

小代焼中平窯の作品は誰が作っているのですか?

A 主に窯元である西川講生と息子の西川智成が作っています。

小代焼中平窯の作品

 

 

小代焼中平窯では常に展示や販売をしているのですか?

A 水曜日・木曜日が定休日でそれ以外の曜日は10:00~17:00に営業しています。

ただし稀に臨時休業にする場合もございますのでホームページのホーム画面にある「最新情報」の部分をご覧になるか、お電話いただけると確実です。

小代焼中平窯の展示場・その周辺

 

 

なぜ同じくらいの大きさで値段が違う作品があるのですか?

A 基本的には同じ大きさで同じくらいの焼き上がりの作品は値段をそろえています。

値段が高いものはそれだけの手間が掛かったり、焼き上がりが良くて尚且つ数が少ないものです。

そのあたりをご理解いただけると幸いです。

小代焼中平窯の上等品

 

 

小代焼の窯元は何件ありますか?

A 現在は熊本県北部を中心に、熊本県内に12の窯元があります。

そのうち、荒尾市には7軒の窯があります。

小代焼中平窯周辺にも数件の窯元が点在しておりますので、「窯元めぐり」もお楽しみいただけます。

小代焼 窯元の会

 

 

似たような焼き物を見たことがあります!

A 九州には伝統的な焼き物の産地が多いのですが、その起源は朝鮮半島に由来します。

今から約400年前に豊臣秀吉が朝鮮出兵を行った際に、多くの陶工(焼き物職人)を日本・九州に連れて帰りました。

それをきっかけに始まった焼き物の一つが小代焼です。

つまり、九州にある他の産地とルーツが同じなのでどこか似た雰囲気のものがあるのです。

小代焼について

 

 

ロクロ体験とかってできますか?

A 現在、小代焼中平窯ではロクロ体験などは行っておりません。

 

 

作る様子は見学できますか?

A 基本的にはスタッフに声を掛けていただければ仕事場の見学はできます。

場合によっては敷地を回りながら土作りから本焼きまでの説明も致します。

ただし、“本焼き”“釉薬掛け”などの集中力を使う作業をしている時などはお断りさせていただく場合もございます。あらかじめご了承ください。

作業風景(作品)

船徳利と焼酎カップ
野焼き風景
面取りマグカップ 2,200円

営業時間 10:00~17:00

定休日   水曜日、木曜日

電話番号  0968-68-7326

住所 熊本県荒尾市樺1192

 

お問い合わせ
ページの先頭へ