酒器

ホーム  »  中平窯の作品について  »  酒器

日本酒、焼酎、ビール等それぞれに合う酒器を制作しています

小代焼中平窯ではお酒を楽しんでいただけるように遊び心を加えつつ、夏は冷酒盃やビール盃、冬は焼酎用のボトルなど季節に合わせた作品を制作しています。

 

登り窯で焼く場合にも特に火が強かったり、薪の灰が降る場所に置いて焼くことが多いです。その分ロスも多いですが、二度と作れないような作品がとれます。

 

お客様の酒席のお供になる器を見つけていただければ幸いです。

焼酎カップ・一点もの 2,500円 

ぐい呑み・盃

小代焼中平窯 酒器①

よくお猪口とぐい呑みの違いについての質問をお受けしますが、その違いはサイズにあります。

明確な線引きは無いのですが、小ぶりな器をお猪口と言い、「ぐいぐいと飲める」ような大ぶりな器をぐい呑みと言います。

 

また、空牛(そらぎゅう)という器は酒を注がれると飲み干すまで台に置けないように底が尖っています。

これは、「“そら”と酒を注いだら“ぎゅう”と飲め。」という遊び心から出来た器です。

焼締めぐい呑み 2,500円
青小代冷酒盃 1,500円
冷酒盃 3,000円 
ぐい呑み 5,000円

徳利

小代焼中平窯 酒器②

徳利は鎌倉時代以降に酒を入れる器として徐々に広まったと言われています。

語源については「酒を注ぐときに、“とくりとくり”と音がする。」「ハングルで酒壺を表すトックールに由来する」など諸説ありますが実はよく分かっていません。

舟徳利とは不安定な舟(船)の上でも安定するようにと考案された器です。

 

また、注ぎ口の付いた徳利は窯元が修業した人吉球磨地域に伝わる「ガラ」という器が元になっています。※沖縄には同じような器で「カラカラ」というものがあります。

舟徳利 6,500円
掛分徳利 3,500円
焼締徳利 5,000円 
口付徳利 5,000円 ※sold out

片口

小代焼中平窯 酒器③

食器としても広く使われている片口ですが、中平窯では主に日本酒用の器として展示・販売をしています。

 

写真3枚目の籾灰釉片口は籾殻の灰を釉薬の原料として使用しています。

籾灰は一般的な藁灰と比べて耐火力が非常に強く、窯の中で最も温度の高い場所で焼成しています。

 

元々は醤油・油などを甕や樽から別の容器に移すために使われていた片口ですが、酒の量が分かりやすく徳利と比べ洗いやすいため、酒器として好まれるお客様が増えています。

飴釉片口 4,000円
藁釉片口 4,000円
籾灰釉片口 4,000円 ※sold out

営業時間 10:00~17:00

定休日   水曜日、木曜日

電話番号  0968-68-7326

住所 熊本県荒尾市樺1192

 

お問い合わせ
ページの先頭へ