小代焼中平窯 ~熊本の窯元~

小代焼の源流

会寧窯 ~朝鮮北部の民窯~

【会寧窯と九州諸窯】
小代焼の特徴である失透釉(藁灰釉・斑釉)は、朝鮮陶技の本流から外れた朝鮮北部 会寧窯の流れを汲んでいます。

このことは唐津焼(斑唐津など)、上野焼、高取焼などの九州諸窯に共通した特徴であり、中でも日本では岸岳系古唐津にて初めて失透釉が使用されたと思われます。

しかし、直接的に会寧窯出身の陶工が九州各地に失透釉をもたらしたのか、もしくは日本の“侘び茶”の流行によって各藩主の好みが反映されたため九州各地で失透釉が多用されたのかは議論が分かれるところです。


【会寧窯の特徴】
・現在の北朝鮮と中国の国境付近に窯が点在している。

・朝鮮陶技の本流からは離れ、中国の均窯とつながりがあると考えられる。

・製品の底は厚く手取りが重い。器を直火に掛ける習慣があり、底が黒くなった品物がある。

・見込みの多くに斜めに釉溜りが生じており、無段式登り窯の窯底斜面に窯積めしていたためと思われる。

・藁灰による失透釉(藁灰釉・斑釉)が多用される。しかし原料が確定しているわけではなく、藁灰の使用には疑問も残る。

・失透釉以外に 灰釉や鉄釉(飴釉)も見られる。
会寧片口 中平窯にて展示中
会寧片口 中平窯にて展示中

上野焼 ~小代焼・高田焼の源流~

上野焼(あがのやき)とは福岡県田川郡で焼かれている陶器です。

江戸時代前期に細川忠興が豊前国小倉藩主になった際、朝鮮人陶工である尊楷(そんかい)を招いたことにより始まります。

尊楷は陶工集団の指導者的な立場にいたと考えられていますが、その実態には不明な点も多くあります。

1632年の細川忠興・忠利の肥後入国に伴い、上野焼陶工である牝小路源七と葛城八左衛門は熊本県北部の小代山(現:小岱山)で小代焼を、尊楷とその息子(長男・次男)は八代郡高田に移り高田焼を始めました。

細川家肥後入国後の上野焼には尊楷の三男と娘婿が残ります。

その後は小笠原氏が藩主となり、新たな茶道師範の加入、陶工の代替わり等が重なって 薄作りで釉薬の種類が多いものへと作風が変化していきます。
特に江戸後期には、技巧に重きを置いた装飾の多い作風になったようです。
上野焼陶片・釜ノ口窯 中平窯にて展示中
上野焼陶片・釜ノ口窯 中平窯にて展示中

CONTACT

営業時間 10:00~17:00

定休日   水曜日、木曜日

電話番号  0968-68-7326

住所 熊本県荒尾市樺1192

 

『小代焼 中平窯(しょうだいやき なかでらがま)』は熊本県荒尾市の窯元です。
小代焼の制作から展示・販売まで行っております。

営業時間:10:00~17:00
定休日:水曜日、木曜日
電話:0968-68-7326
住所:熊本県荒尾市樺1192

窯元代表:西川講生(にしかわこうせい)

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP