小代焼とは?歴史と特徴

  • ホーム
  • 小代焼とは?歴史と特徴

小代焼(しょうだいやき)とは

焼成中の登り窯内部(小代焼中平窯)

南関町にある瓶焼窯跡

江戸時代中期の作と思われる小代焼

↑上の茶碗にお茶を点てた様子

小代焼は熊本県で約400年前に始まった歴史(小代焼の歴史)ある焼き物で、熊本県を代表する陶器です。

小岱山(しょうだいさん)の麓に窯が築かれたためにこの名で呼ばれています。

技術・技法としては朝鮮半島の陶器の流れを汲んでおり、鉄分の多い粘土を用いた素朴で力強い作風が特徴(小代焼の特徴)です。

 

細川家の肥後入国に伴って豊前・上野焼より肥後に移った牝小路源七と葛城八左衛門により始められたとされています。
時を同じくして肥後南部に移った喜蔵(尊楷とも呼ばれる、上野焼の陶工)により高田焼も作られるようになります。

上記のように、熊本の朝鮮系陶器には細川家と上野焼の陶工が深くかかわっています。 

九州各地の伝統的な陶器産地には藁灰釉を使ったものが他にも見られますが、他の陶器と比べて藁灰釉を多用し、流し掛けによる装飾が多いことが小代焼の特徴です。
藁灰により白や青を発色させる技法は会寧(かいねい・朝鮮民主主義人民共和国の東北部)辺りの地域から、日本に伝わった技法であると言われています。

藁灰釉を釉の基本とすることは今日まで大きく変化することなく受け継がれています。

古小代の素朴で力強い作風は“野武士”のようだとも称されました。

初期は主に茶碗などを制作していましたが、江戸後期には壺、甕、徳利などから湯たんぽ、味噌漉し、蒸かし器などの多種多様な製品が制作されました。

その製品のほとんどが肥後藩内で消費され、他の地域には出回っていなかったようです。

当時使われていた瀬上窯や瓶焼窯の窯跡は現在でも南関町で見ることができます。

また、江戸時代後期には「五徳焼(ごとくやき)」とも呼ばれました。
これは量産・販路拡大を推し進めた時期に小代焼を宣伝するための名称であり、毒を消すなどの五つの効能があると謳われました。

熊本県には現在12の窯元があり、平成14年に「小代焼 窯元の会」が発足し、平成15年に国の「伝統的工芸品」に指定されました。

営業時間 9:30~17:00

定休日   水曜日、木曜日

電話番号  0968-68-7326

住所 熊本県荒尾市樺1192

 

ページのトップへ戻る