小代焼中平窯 ~熊本の窯元~

上野焼について

小代焼・高田焼の源流 “上野焼”

上野焼(あがのやき)とは福岡県田川郡で焼かれている陶器です。

江戸時代前期に細川忠興が豊前国小倉藩主になった際、朝鮮人陶工である尊楷(そんかい)を招いたことにより始まります。


1632年の細川忠興・忠利の肥後入国に伴い、上野焼陶工である牝小路源七と葛城八左衛門は熊本県北部の小代山(現:小岱山)で小代焼を、尊楷とその息子は八代郡高田に移り高田焼を始めました。


細川家の肥後入国後の上野焼は、薄作りで釉薬の種類が多いものへと変化していきます。

CONTACT

営業時間 10:00~17:00

定休日   水曜日、木曜日

電話番号  0968-68-7326

住所 熊本県荒尾市樺1192

 

『小代焼 中平窯(しょうだいやき なかでらがま)』は熊本県荒尾市の窯元です。
小代焼の制作から展示・販売まで行っております。

営業時間:10:00~17:00
定休日:水曜日、木曜日
電話:0968-68-7326
住所:熊本県荒尾市樺1192

窯元代表:西川講生(にしかわこうせい)

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP